今年の統一マダン生野で、壮年委員会のブースで行っていました「セウォル号惨事の遺族へ送る激励署名」ですが、7月に大阪を訪問した6.15南側委員会事務局長に依頼しました。

その後、ソウルで行われているセウォル号の籠城現場で状況室長を担当しているキム・ヨンテクさんに無事に伝達されました。
キム室長は「セウォル号の遺族にかならず伝達する。日本での連帯に深く感謝する」とおっしゃていたようです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter